CFPの試験範囲を絞る合格ツール


わたしの試験勉強はいつもこの言葉の繰り返しでした。
もともとわたしの試験勉強は合理性、客観性とはかけはなれたものでした。

わたしが勉強を真剣にやりはじめたのは中学2年のころからです。
私は中学のときに野球部にはいっていたのですが、勉強はそっちのけ、順位は最悪の状況で320人中292番になっていました。さすがにあわてて、「勉強しないと」と真剣に考えました。
といっても・・・・

秀才連中とは違って、どうしたら点数があがるのか要領がまったくわからない状況で、
結局実力があれば合格できるとやみくもに時間を使って、がむしゃらに暗記するといったものでした。幸いに、それでもある程度の結果がでたのですが・・・・

それから大学卒業、社会人になってからは一生懸命働くこと、ただそれだけでした。
社会人生活のなかでもやはり勉強、資格取得の必要性はヒシヒシと感じていました。

そしてついに資格試験生活をあらためて決意したのですが、社会人、それも40歳過ぎて。
40歳過ぎてからの受験生活をすることはとてもたやすい状況ではありませんでした。

結婚もしていましたし、子供もうまれようとしていましたので、勉強時間を学生時代にように、独身時代のようにつかえる時間ではなかったのです。それでも先に進むには、資格が必要と考え、その中でまず取れそうものから、手をつけていきました。

受験を決意したころ不動産業界では、宅建の資格をもっているだけで3万円程度の手当てがつくようでしたから転職したときにも有利と考えて宅建の資格に挑戦しました。

結局合格はしたのですが、3回受験するハメになりました。


そんな中、受験直前にいつも頭の中で繰り返しつぶやいたのは
「どうして、いつもおんなじことを繰り返してしまうのか・・・・」
この言葉でした。

この試験に合格したキッカケは得意になれそうな分野をみつけ、そこを攻めることでした。幸い
法律分野、特に民法はおもしろいと興味をもっていたので、そこから手をつけました。そして次はその分野の配点をとらえる、得点源をとらえようと考えたのです。

その結果民法を攻略すれば合格に手が届くことができるのに気づいたのです。


あと残りの部分についても、さらにわかるものを多く増やせば合格は可能なのだと対策をたてることができました。これが私のはじめての攻略法でした。

この攻略法を使って対策、実行、改善の繰り替えしをすることで、ついに合格ができたのです。時間も大きく削減できたことは言うまでもありません。必要な部分のみに集中し、時間を使ったのですから。

この方法を使って、次に実務法務2級、実務法務1級に挑戦しました。

実務法務1級はいままでのようなマークシーシ方式の択一式の問題ではなく、論述の試験でした。ですが予想問題をみているといままの攻略法で合格可能と判断ができました。ちょっと試験は大変でしたが、何とか最後まであきらめず試験時間を終了することができ・・・

結果も一発合格することができました。


そして、いまファイナンシャルプランナーの試験に挑戦中です。この試験は時間のない人にも合格ができる試験です。というのもファイナンシャルプランナー協会が実施するCFP試験は1科目からの受験が可能です。時間のある人、実力のある人は一発合格も可能なのです。

残念ながら今の私の状況からは1科目づつしか受験する時間がありません。

ただ、必ず合格できる試験であると確信をしています。

なぜなら攻略法ができているリストがすでにあるので、試験の傾向がわかり、得点源が把握できているのですから、あとはどれだけ早く実践するかで合格への道のりが短くなるかだけなのですから。

おめでとうございます!
このサイトを選んだことで
あなたは合格を手にいれたも同然です。


まず少しだけ想像してみてください。

攻略法を使うことであなたは広い試験範囲を大きく絞りこむことができます。

ただ試験範囲を絞ることができるだけでなく、合格ラインがハッキリします。
その結果、合格に必要とされる内容がわかるのです。

範囲が絞れるので目標を設定しやくすなり、集中して勉強ができます
集中して勉強をすることで時間短縮がはかれます。

攻略できるので当然自分の得意なところと不得意なところがかわるようになります。

次回の試験問題も予測しやすくなります
予想しながら勉強できるので勉強の結果をワクワクしながら実行できるようになります。

試験に必要な内容が特定されるので必要な知識修得だけに集中することができます
その結果知識不足の不安から解消されるのです。

さらに
攻略法はリスト化されて見やすく、わかりやすくなっているので、
勉強にもっとも重要な精神面に安心感をえることができます

実践することで試験攻略に自信がもてるようになり
多少予測がはずれてもさらに前向きに勉強に取り組むことができるようになるのです。

平成19年度第1回相続事業承継設計を攻略すると・・・・
日本FP協会のテキストでは相続事業承継設計は9章96節から構成されています。
一方過去問からキーワードをまとめると39個のキーワードにまとまります。

確かに1回分だけでは出題範囲も内容も確定できません。
ですが、これを複数年間分を分析していきますと一定の法則がわかってくるのです。

さらに法則を整理し直し、最後に法則に配点を加えることで
合格ラインである30点に必要なキーワードは11個までに絞ることができるのです。

これで攻略完了です。

極端な話をすれば、この11個さえマスターできれば合格ラインに達しているということです。
たったこれだけですが、あなたは過去問という実績から明らかになった法則を使うことで
安心して必要なことだけに集中して、勉強を実行することができるのです。

あなたに質問があります。こんな悩みはありませんか。

  • 勉強をはじめたいけど、範囲が広くて、どこから手をつけたらいいかわからない。


  • 少ない勉強時間を有効に使いたい。効率的な方法はないものか。


  • 一発合格は逃したけど、今度こそ合格したい。


  • 合格できなかった原因がどこかわらない。


  • ある程度勉強してきたけど、自分が合格レベルに達しているのか不安。


  • 何度受験しても同じところばかりやっているだけで、進歩しているかどうか実感がない。。


  • 試験問題の内容がバラバラで、まとめるのが面倒。。


  • 試験にでた問題をテキストからさがすのに時間がかかりすぎる。

1つにでも当てはまるのであれば、是非このサイトを読んでみてください。
あたなの悩みが解消されること請合いです。

あなたは合格のための明確な方法もわからず、個々人の問題と片付けてしまい
ただただ、受験をかさねるしかないと、なかばあきらめ気味で自分を納得させていませんか。

実は試験攻略することはとっても簡単なことなのです。

スクールに通う必要もなく、通信講座に申し込みをおこなう必要もなく
自分で試験の攻略をすることは簡単なことなのです。


あるノウハウを知ってしまえば。

ご挨拶が遅れました私、
サプライズネット担当の渡邉と申します。

現在サラリーマン現役の受験生です。
平日は会社員として企業に勤めています。

会社をでてから帰宅までの道のり、隙間時間を使い、試験勉強をしています。
40歳を過ぎてからの受験を再度はじめ、コツコツではありますが、
合格を勝ち取ってきています。

そんな私がこのホームページを立ち上げた理由、これはとても単純なことです。


「試験攻略は賢い人だけの専売特許とあきらめないで、だれでもできることを実感してほしい。
無駄な時間をなくし、忙しいあなたが本当に必要とすることに集中してほしい」
試験コンプレックスから解放され、消極的でなく、積極的に試験にのぞんでほしい」
「自分の合格レベルを認識しながら、最終合格を勝ち取ってほしい
「攻略法を使って、どんどん資格試験にチャレンジして人生を楽しんでいってほしい。

それだけです。

「それだけって?あなた、カンタンにいってくれるけどさ………」

あなたがこう思われるのも不思議なことではありません。
ほどんどの方がFP試験攻略など考えず、無駄な時間とお金を費やしている
ことを考えず受験を繰り返しています。

でも・・・

その反面まれにですが、
スクールに通わなくても、
通信講座を受けなくても十分試験攻略で合格を手にいれている人もいるんです。


実は何を隠そう・・・
わたしもそのひとりです。

CFP科目合格者、宅建主任者、ビジネス実務法務1級資格取得者
※クリックすると拡大画像が表示されます。

正直に告白します。

以前の私は・・・・・・

学生時代からのクセがぬけきれず、
あいからわらず試験勉強には時間をかけることが第一で、
効率、能率は個々人の問題とわりきったつもりで、
がんばることがいいことだと自分にいいきかせてやっていました。

「とにかく全部の範囲を網羅し、覚えてしまえば問題ないよ。これ以上の対策はないだろう。」
といった具合です。

ところが、
学生時代よりも社会人のほうが長くなった今では……

どこで勉強時間を捻出し、確保しなければならないのか、
時間確保できたとしても、どれだけ効率があげることができるんだろうかと、
考えると「とてもこんな状況で受験なんてできる余裕はない」
と一人落ち込む日々でした。

結婚もし、子供もでき楽しい家族団らんの日々、
とその反対では勉強時間がどんどんなくなる状況をヒシヒシと感じていました。

「このままではダメだ。何か方法はないか」

問題点はなにかを必死で考えてみました。
問題点、時間確保、時間短縮、明確性、客観性、確実性…
何度も何度も考えあぐねていました。

「40歳からの受験。やっぱり無理か」と半ば、あきらめかけたことも何度もあったのも事実です。

ですが、やはりあきらめきれず、
そしてたどりついたのが、過去問攻略でした。

では、どうすれば時間のない人でもカンタンに過去問攻略ができるようになるんだろう??
パッとみるだけ、しかも数分程度で攻略ができてしまう方法を・・・・。


そして、思いついたんです!
今までそういった資料はみたことがない。

それなら自分でつくってしまおうと!

正直つらかったです。
だけど実行するだけの理由がありました。

試験に合格したい。

時間がない中でもなんとか資格をとっていきたいという方はたくさんいるということ。

そして、そういった方たちは気力、能力をもっていながら時間とれないため、
受験に足踏みをしてしまい、せっかくのチャンスを生かせていないということ。

わたしはそういった思いを感じながら、作業をつづけました。
半年後やっとすべての科目について完成し、
今回のサイトを立ち上げることができたのです。

最初はどんな方法にするのか?
どのようにしたら、誰でも、簡単にしかも着実に合格に向け、
回り道をせずレベルアップをすることができるのか?
試行錯誤の連続でした。

この方法は私が思っていたよりも、ずっと大変な作業になりました。
平日はほとんど時間がとれませんので、週末に作業は集中しました。
家族サービスは完成まではお預け、家族からはかなり不満があったようです。

そして、ついに完成したのです!

時間なし、お金なし、教師なしの3なし状態のサラリーマンが出会った
拍子抜けするほど簡単で、明確な合格攻略法が!!

あなたは試験攻略に手間をかけるのは嫌だ。無駄な時間を費やすのは嫌だ。
でも、資格をとりたい!そう思いますか?

本当にそう思いますか?

わかりました。
とっておきの試験攻略法を公開いたします。



誰でも試験攻略は簡単にできます。

今思えば、過去問攻略など世間では当然のように言われていることですが
実際に取り組んでみるとうまくいかない。

そんな現実にぶつかっている。

原因に次のような状況がありませんか?

  • 仕組みが複雑


  • 効果が主観的にしか判断できない


  • 効果について実感がわかない


  • 実感がわかないため継続できない


  • 効果が全体的のどのぐらい影響するのか判断できない

どうです?該当するところはありませんか?

ズバリいいましょう。

あなたはこの状況に該当することを感じていながら、
試験攻略をおこなっても時間のムダです。


なぜなら、この状況が続いてくると9割は勉強をつづけることがいやになり、
最後は受験をあきらめること、間違いありません。


むやみやたらに、勉強時間を伸ばすことに努力したり、
気合が足りないと精神論に頼っても長続きはしません。

あなたも理解できない、
わからない状況で勉強をすすめられてもつづけることができなかった経験があるはずです。

つまり試験攻略には主観的な部分の偏重で、
実践しても、長続きせず効果がでない。

逆に言うと、
試験攻略には主観的な部分をできるだけ排除することで効果がでるとなります。



スクールに通う、通信講座に申し込むことで安心してしまう落とし穴
 
試験合格にはスクールに通う、
通信講座に申し込むことが当然のように錯覚している方がいます。


誰かに教えてもらう。
これから学ぼうとすることだから、知っている人に教わるそれは当然のように思えます。

しかしそこには大きな落とし穴が隠れています。
つねに誰かにおそわる。
おそわることで安心し、自分で考えようとしなくなる。


そうするといつも不安で、自信をもって勉強ができない状況からぬけだせない現実。

こんな状況はあなたも経験したことがあるのはずです。
確かに合格者が指導してくれるので、必要事項は逃さず講義をしてくれるでしょう。

だけど高額の授業料を支払ってあなたがスクールに通い、
通信講座を受けたにもかかわらず、結局消化不良におわったことも………

自分のレベル、ペースを考えなければ、
無理をしてつづけても結局身につけることが難しいのです。




過去問の繰り返しだけを絶対視する危険

世間では過去問がすべて、ただ繰り返せばいいと主張する風潮もあるようです。

ですがあなたは、ただ闇雲に過去問を繰り返すという無味乾燥な行動、
過去問を繰り返すそれだけで合格に近づくという理由が理解できますか。


過去問を繰り返すには、
あなたの行動が合格にどう結びついていくのか理解できること、
はっきり見えること、そうして結果が得られることで
あたなは実感して問題集を繰り返すことができるのです。





巷にあるノウハウにご注意を

巷に一発合格法、簡単合格法などノウハウの情報が氾濫しています。

確かにその多くは、著者個人が実践し、実績として作り上げたノウハウであり
うそ偽りではないものと信じます。

ただ、先ほどお伝えしたとおり
そのノウハウにどれだけの客観性があるのか疑問があります。

わたしもそんな情報にのせられ、結果うまくいかなかった経験があります。
ですから、ノウハウの客観性、
そしてその過程もはっきりとわかることが重要と考えています。




これでもあなたは無駄な時間とお金を使いますか。

「じゃあ、どうすればいいのよ」
そんな声がきこえてきそうです。

でもご安心を。

実はちゃんと誰でも結果のでる試験攻略法があるんです。

私は、○○○を使うことで高額な授業料をはらわず、
あいた時間を自由に使って試験に合格してきました。

たしかな実績のある方法をあなたにお伝えします。



キーワード・スリーステップ式FP試験 傾向と分析リストで試験攻略が可能に

この方法に出会ったのは、さきほどお伝えしたように、
時間なし、お金なし、教師なしの3なし状態で過去問を徹底的に検討、
改良した結果でてきた究極の方法です。

3段階に過去問を整理し、
ノウハウの過程がキーワードによって客観的にわかるようになっています。


しかも傾向と分析ができることで合格に必要な項目がわかってしまうんです。

小学生でも違いがわかるほど難解な問題文もスッキリ、頭もはっきり、
そんなキーワードが厳選されています。

キーワードを使用して過去問250問を整理し、まとめています。

1から読んでいたのではみるのもいやになるような長文問題、
なにがいいたいのか理解が困難な問題文もこれで簡単に把握することができるのです。

把握することが簡単になるので、
あとは理解を深めること、ここからあなたの戦略がはじまるのです。


これをあなたが知る事により、過去問の出題傾向が一発でわかります。

これさえあれば、鬼に金棒です。
試験問題の傾向がわかれば、大幅な時間短縮もでき、
自信をもって試験に向かうことができるはずです。

その必要性を強く感じた私は、出題傾向を簡単にした本をさがしました。
可能な限りの本屋をまわり、できるだけ多くの本をあさりました。

ですがそんな出題傾向がわかるようなものはみつかりませんでした。

出題傾向がわかる、それを一覧にした表。
これさえあれば自分のやるべく方向がわかり、
効果も必ず保証される。
時間はかかるかもしれないがやるしかない。

なければ私自身で作るしかない。
そう覚悟をきめ、作業を開始したのはすでにお話したとおりです。

くじけそうになったことも事実です。

何度も何度もキーワードを繰り返えし、書き換え、選び、
やっと出来上がったのがこのリストです。

出題傾向が把握できることであなたは問題を予測して、
試験のシュミレーションが可能になるのです。

相手を知ることで百戦あやうからずです。
このリストであなたに必要な勉強範囲が絞れます。

スタートはここから。

FP試験はまともにやろうと思うととてつもなく範囲が広いと感じるでしょう。

あなたがこれから勉強をはじめようと思われているのであればなおさらです。

あたなはキーワードを使ってすでに試験の試験の出題範囲を知ることができています。

出題傾向も把握することができています。

この実績に基づいたリストを利用し、勉強することで勉強に無駄な部分はなくなり、
目的が明確になり集中力が増してくるのです。


さらに時間短縮を図れるこのリストで○○もわかるのです。

もうあなたに迷う時間はなくなります。

試験勉強をしている中で、参考書をひきひき、
問題集と参考書を繰り返しみることがあります。

年度別、回数別の問題集をつぶしていくと、バラバラになって出題されているため、
何度も同じ部分をさがさなければならない状況が発生します。

正直いやになります・・・・

ですが、そんな無駄な時間をなくし、
簡単に目的地にたどり着けるように作成されているのがこのリストです。

しかも参考書の○○○○○もわかるので、
場合に応じて対応することでさらに勉強のスピードアップが図れます。

理解を深める第一の方法は、
リストのキーワードをおさえることと、リストの関連ページを参照することです。

これで下ごしらえは万全です。

勉強していてわからないことがでてきて面倒なのは、
参考書の関連するページを行ったり来たりすることです。

あなたはこのリストですでに問題の把握もでき、
出題傾向もとらえることができています。

関連ページを参照する時間も最小限に短縮されています。
あとは理解できることに集中するだけ。

時間がないとあせる必要はありません。

この方法であなたの知識は雪だるまのように増えていきます。
これで知識不足とはいえなくなります。

いきなり細かいことを覚えようとすると、
覚えることの多さに気が遠のいてしまいます。

すでにあなたは勉強範囲を絞るキーワードを知っているので、
それを基本に覚えていきます。



あなたにもっとも不足している○○とは?あなたの不安が解消できる鍵があります。

何度が受験をし、何回も何回も過去問、参考書をみくらべ、勉強してるのに。

なぜか結果がでない。

合格できないでいる・・・

そんな不合格のスパイラルにはまった状況から抜け出すには
まず第一にあなたに足りないところはなにかを客観的に把握することが重要です。

どうしても人間は自分を欲目でみてしまい、
それがためになかなか自分の弱点をみつけることができません。

わたしもそうです。

ですから、客観的に弱点を見つけ出しやすい道具を使う必要がでてきます。

このリストで弱点を知り、不合格スパイラルからの脱出が可能となるのです。

着実で、安定性のある勉強方法。
これであなたは新しいことにチェレンジです。

市販にはいろいろと参考書、問題集が売られています。
どれも絶対的のような印象を与えます。

なんら計画なく不安解消のために参考書、問題集を買いあさるのはやめましょう。
浮き足だった気持ちで試験にとりくんでも、なんら身につくことは少ないでしょう。

消化不良が堰の山です。

過去問を徹底的に攻略すること、実績のある問題を検討すること
着実に合格に向かう試験勉強が可能になるのです。

ここを押さえたあと、新たなものに挑戦することであなたの自信となるのです。



あなたにあった試験攻略が可能。自分のキーワードでさらにパワーアップ。

あなたはリストを使うことで大まかにでも、試験の出題範囲、傾向を知ることができています。

さらに合格を確実なものにするためには、
あなた自身で考えたキーワードでさらに問題を把握することです。

これで、隙間がさらにすくなくなることを実感するでしょう。



本当にわたしでも試験対策が可能でしょうか

やはり不安もあることでしょう。

ですが想像してみてください。

あなたはいままでに試験対策をいろいろと立てて、
実行してうまくいかなかったのではないでしょうか。


そんな状況でまた、
同じように試験対策を立てても結果が同じになるのは至極当然です。

あなたはこのリストを使うことで、
いままでの失敗の不安を解消させあとは実行すればいいのです。

キーワード・スリーステップ式FP試験傾向と分析リストの効果を簡単にすると

@あなたがこれから勉強をはじめようと思われているのであればあなたは
キーワードを使って試験の出題範囲、傾向をつかむことができます。


A勉強をある程度しているあなたなら、あなたが理解できている部分と理解できていない部分をキーワードによって明確に把握することができます。

Bその結果、あなたは自分が合格レベルかどうかもわかります。

C最後に、あなたは合格のための必要な攻略方法もみえてきます。

Dしかも勉強時間の短縮ができ、余計なお金をかける必要なくなります。

Eこのリストのキーワードで過去問のデータを分析し、出題頻度を把握できるのでリストを使うことであなたは合格への確率が非常に高くなり、しかもその効果をはっきりと実感できます。

Fあなたは効果を実感できることで、さらに合格に向けて試験勉強に集中していくことができるようになるのです。



どうです?
試験攻略の効果を理解できましたか?

それではキーワード・スリーステップ式FP試験傾向分析リスト
(全30pまで、PDF版)
の一部をお話いたします。
          
リストは本試験の5回分の内容をキーワードにまとめ、
それを整理しなおすことで、
傾向が客観的に把握できるようになっています。


胡散臭さは一切ありません。

過去問を客観的に判断し、まとめ直したものです。
問題内容の具体的な説明などは、一切していません。

それは、市販の参考書、問題集におまかせします。

第1ステップ

まず過去問5回分の問題内容からキーワード毎にまとめ上げ回数別に一覧表を作成しています。
これで、難解な問題もすっきりとみることができるようになります。


第2ステップ

今度は問題の出題傾向を分析していきます。
試験問題250問がキーワードから○○に分けられ、ばらばらに出題された問題の傾向と分析が可能となります。
試験問題の構成が把握できるようになって、試験問題の出題傾向がはっきりとわかってくるのです。


第3ステップ

参考テキスト2冊(日本FP協会FPTEXT FP出版、ダイエックス出版CFP読んで受かる合格読本)を使い各試験問題の関連ページを記載しています。
時間のないあなたがいちいち試験問題をみて、テキストの該当箇所を捜すような時間が省略できるようにしています。


たったこれだけのことですが、このリストを利用することによって、
あなたは試験問題の構成、試験傾向が把握でき、
勉強に必要な項目をしぼることが可能になります。

加えてテキストを片手に、項目をさがす時間の無駄がなくなり、
理解を深めるための時間に集中することができるのです。



リストの利用方法

試験の出題範囲が広く、どこから手をつけていいかわからないあなたなら

このリストでまずは、合格に直結したキーワードをつぶすことをおすすめします。 リストではキーワードを使っているため、そのキーワードに集中することで、勉強範囲を絞ることができます。



勉強の仕方がわからないあなたなら

リストのキーワードをおさえることを中心に、基礎固めのためリストの関連ページを参考書で確認しながら理解を深めてください。合格に必要な基礎の確立ができます。

「基礎は完璧でないと!」とがんばる気持ちがあっても、まずはその気持ちは横に置いてください。はじめから完璧をめざしてもうまくいきません。

ザックリととらえることからはじめることをおすすめいたします。
ザックリででき上った基礎をつくることで、あなたは自分の足りない部分に気づき、足りない部分をさらに付け加えていくようにしてください。

そうすると基礎が雪だるまのようにふえて、しかも基礎固めもしっかりとしたものとなってきます。
このリストはこうした基礎固めにも簡単に利用することができます。



どうでしょうか。話を先に進めます。


一度受験して不合格になった経験をもったあなたなら

なぜ不合格になったか、このリストを使ってどこの部分があなたに足りなかったのかをチェックしてください。このとき頭が悪いからとか、真剣に内容について考える必要はありません。

あくまでも客観的に。内容を考えていると見えるものも見えなくなってしまします。
まずはザックルでみてどうかを判断してください。

このように自分の不足部分の発見にも役立ち、次回の試験攻略に直結した対策をたてることができるのです。



不合格になった理由も原因もわからないあなたなら

知っているものはどこか、知らないところはどこかで結構です。
そこからチェックをしてみてください。

それだけで、あなたに不足していたところはどこかが浮き上がってきて、つぎへの対応策を考えることができるようになります。

このチェック作業をすることで、あなたはこれから合格に必要な○○がハッキリ見えてきます。○○をつぶすことで合格に飛躍的に近づいていくこととなるのです。

このリストは客観性を重視し、可能な限り主観性をすることを重視しています。
ですから誰でも理解し、利用できるものと確信しています。そのため不合格原因がわからないと悩むあなたにも簡単に利用できるのです。



ある程度合格の実力がありこのリストで不安があるあなたなら

このほかに不安を解消する問題集にチャレンジしてみてください。
だけど、その前提にはこのリストのキーワードが消化できていることが前提です。

不安を解消するためだけに、やみくもに多くの問題集に手をつけるのはやめましょう。
合格に必要なキーワードを押さえることが大前提です。

そのために無駄な時間はありません。
不安をかき消すためにいろんな教材、問題集に手を出したいのはよくわかります。
ですが、消化不良がよくないことは誰でも経験したことがあるのではないでしょうか。

このリストの95%をつぶしたうえで、他の問題集などにチャレンジしてみてください。リストつぶしをやってきた実績にあなたは自信をもって次の問題集に挑戦できる自分になっていることを発見します。



学生のあなたなら

あなたには自由に使える勉強時間があります。可能な限り試験範囲を網羅して万全の対策をしてくださいといいたいところですが、これは全くダメな試験攻略です。

すでにお話してきたようにリストを使って試験攻略をおこなうことが第一です。
リストを使うことで○○をしっかりとつかむことができるんです。これで磁石をもたずにジャングルの中をさまような勉強とはおさらばです。



社会人または時間に制限のある学生のあなたなら

限られた時間の中で、どれだけ効率をあげるかどうかが合格、不合格をきめることになります。 このリストを使ってほしい第一の対象者です。

時間短縮、進捗状況が明確にわかることで、リストに基づいて計画的に勉強ができるのです。是非試してみてください。



「ただのリストじゃないか!」本当に効果があるの?と考えたあなたなら

ちょっと考えてみてください。
あなたが過去問の傾向と分析をおこないリストを作成したらどれだけの時間が必要となるでしょうか。

完成すればいいですが、途中でなげだしたりしたら、それまでの時間が無駄になります。
結局いままでとかわらず、あなたは自分の合格レベルも把握できず、合格に対する不安からの解消はまた遠のいてしまいます。

そんな時間をなくして、集中して勉強できることをおすすめします。



簡単に合格できるのか疑問に思っているあなたなら

誤解しないでほしいのです。勉強する時間は必要です。
巷に合格は当然のように宣伝しているスクールがあります。

実際のところ、時間をかけなくてものごとがはかどることがあるでしょうか。
冷静になって考えてみてください。だけど無駄な時間を使うのは悲しいですね。

時間を効率よく使うことであなたの負担を軽くし、浮いた時間を合格に向かって、迷わず突っ走って行くことができるのです。勉強も同様、時間に限りがあるように、限られた中で、どれだけ効率的に勉強をやっていくかはあなたが決めなければなりません。

ですが、このリストでは、いろいろ氾濫した情報のなかで、単純で簡単な効率をあげる方法、無駄な時間を省くことができるもの確実に実力が上がっていくことが感じられるものとして提供しています。



過去問を検討したからといって、次ぎの試験で同じ問題がでるとは限らないのでは?

当然すべて同じ問題がでるわけではありません。
ですが、合格のために全範囲を網羅しようとすれば、勉強量が多くなって、
とてつもない時間が必要となることは、ちょっと考えればわかるはずです。

気分も滅入ってしまうのは目に見えています。
だから確実に押さえるべきものをまず押さえ、その上で不足をうめていくこの方がはるかにいいはずです。そのため過去3回分ではなく5回分をまとめ、合格に十分な範囲を網羅しています。



本当に合格レベルがわかるんですか?

あなたの本当の合格レベルをわかるのはあなたしかいません。

ただ、あなた自身が合格レベルかどうかを客観的に判断できるとすればどうでしょうか。
スクールに通っても明確に合格レベルを判断するのは難しいのではないでしょうか。

このリストは過去問を○○キーワードにわけているので、あなたが理解できているところとできていないところを見分けることができれば、合格にたりない部分が明らかになり、レベルがわかるということです。
いろいろな情報が混乱する中で一度、すべての情報を振り捨てて(ほんとに捨ててはもったいないですよ。横に置いていてくださいね)、からっぽの状況から過去問をみつめてください。

そうすれば、簡単に必要な○○が把握できます。把握できたら、次はもっとあなた自身のキーワードを使って絞りをかけてみてください。
さらに自分にあった試験の傾向がみえてくるはずです。



あなたの疑問は解消できたでしょうか。

それではわたしから最後にもう一度確認させてください。

あなたを合格へ導く魔法のリストの内容は

  • 合格に必要な部分をハッキリ把握できる。


  • 試験の勉強範囲がしぼれる。


  • 範囲が明確になることで勉強に対する集中力が増してくる。


  • 自分の勉強に不足していた部分が浮きぼりになる。


  • 試験問題の該当箇所をさがす時間が短縮される。


  • 合格レベルに達するかあなた自身で把握できる。
  
こんなリストであなたは無駄な時間と、お金を使う必要がなくなります。
そして、これだけは知っておいてください。

このリストを使わなかった場合・・・
あなたは私と同じように過去問集を買い集めて、傾向をとるか、
単なるカンに頼って山をはる勉強をするか、
または闇雲に試験範囲全般を勉強することを繰り返すことになり、
時間が膨大にかかることは目に見えています。

ですがこのリストを使うことでこんな膨大な時間を省略することができるのです。
出題傾向を把握するのにも時間がかかります。

さらに合格するためには必要な項目まで洗いだす必要が生じてきます。
傾向がわかるだけでは十分とはいえません。

ですがこのリストを使えばすでに傾向と出題項目、配点まで予測できるので、
必要な項目のみに勉強時間を集中できるのです。

次回の試験予測もできず試験会場に向かわなければならないつらさは、
わたしにも経験があります。
いつまで試験に対しビクビクしながら受験をつづけるのでしょうか。

このリストを理解・応用すれば、そんな不安は解消されてしまいます。
さらに自信をもって試験に取り組むことが可能となるのです。

私はこのリストを使うことで、
忙しいながらもずいぶん自由に時間を使うことができるようになりました。

そのため他の試験にもチャレンジしようという気持ちが沸いてきます。
今、この攻略法を応用して中小企業診断士の勉強もチャレンジしようと考えています。

この攻略法は客観的に捕らえることができるので、迷いを解消することに大いに役立ちます。
チャレンジ精神が起こるのは、気持ちがずいぶん楽になっている証拠だと思います。

あき時間がどんどんつくれることで、気分的にも少し余裕がもてるようになり、
積極的な気持ちがもてるようになることもこのリストの効果だと実感しています。

さて、このリストの価格ですが、あなたがスクールに通った場合、
某大手スクールではCFP問題演習1科目18000円6科目92000円
普通に受講すると1科目32000円6科目165000円となっています。

すくなくとも1科目2万円近くを投資しなければなりません。
せっかく受講したけど、結局 消化不良、不合格となっては、
せっかくの高い投資が無駄となってしまいます。

このキーワードスリーステップ式FP試験傾向と分析リストは
合格に必要十分な過去問5回分の内容について分析したもので
今回5250円でご提供させていただいています。
日本FP協会の過去問集は1科目1回分1000円(税抜き)です。
今回のリストは3科目5回分計15回分(15000円税抜き)の分析内容を提供しています。

情報の価値については明確な基準はありません。
ただ、あなた自身で試験攻略ができ、
これからの受験生活に自信をもってすごせるチャンスがあるにもかかわらず、
自らそれを放棄していきなり高額な受験料を支払という大きなリスクを負うことには
よくご検討することをおすすめいたします。

尚、今後も最新の内容を更新していきますが、
直近の過去問を更新するには日本FP協会の問題集販売状況、
リスト作成準備期間にも影響されるため次回本試験までに更新できるかは
未定であることをご了承願います。
(最新情報が必要な方はメールアドレスをどうぞ)

I.W 東京都 44歳 女性

実際にこんなのがありえるんだと、関心しました。

合格ラインの30点がこんな構成になっているなんて改めて知りました。
わたしの勉強法がまちがっていたのを気づかせていただきました。
試験攻略法についても、客観的でわかりやすいと思います。
あとは、勉強に集中して合格を勝ち取りたいと思います。試験対策が苦手なわたしに攻略方法の1つとして加えたいと思います。
ありがとうございます。

奥平 大阪府枚方市 47歳 男性

そうか、こういうことだったのか

いろいろと試験をうけている僕ですが、試験攻略法にこんな方法があったのとは目からウロコでした。
合理的で客観的な点がすごく気に入っています。
特典で30点攻略などのリストがついているので、時間のない人にはおすすめだと思います。

志水 福岡県北九州市 48歳 男性

ありがとうざいます。これからもよろしくお願いいたします。

FPには以前から興味がありました。
時間のないサラリーマンがどうしてやっていくのかには特に興味をもっていました。
このリストを拝見して私にも試験対策ができるように思います。
チャレンジしてみたいと思いますのでいろいろとあたらしい情報をください。

中村 東京都八王子市 49歳 男性

師匠と言わせてください!

試験対策の仕方なんて考えるほど無駄だと思っていました。攻略リストを拝見して、こんなふうなやり方があるんだと初めて知りました。
こんなリストがあれば、試験傾向もわかって、勉強がスムーズにいくのは間違いないと思います。
以前のように試験対策なんて考えること自体無駄なんて思っていたのが間違いだったと反省しています。

益子 男性 34歳 栃木県

やった!これで悩み解消です。

簡単ですが、このリストを使えば、試験対策は簡単になると思いました。
合格も手にしたものだと思っています。30点、40点攻略の特典を使うことで合格が目の前にあることを感じれるので、試験勉強に集中できると思います。

今すぐ申し込みしたい方は合格必勝ボタン(PDFダウンロード版、特典含め全15Pまで)を押してください。


CFPタックスプランニング(平成17年1回分〜平成19年1回分) 3150円(税込み)



CFP相続事業承継設計(平成17年1回分〜平成19年1回分)3150円(税込み)



さらに今回は、以下の特典もつけています。

180日条件全額返金保証

購入から180日以内にご連絡いただければ、無条件で全額返金させていただきます。
これは私にとって最大の挑戦であり、そしてあなたとって全くのリスクがなくなることになります。
このリストには絶対の自信をもっていますが、あなたに安心してご購入いただけるようこの保証をつけさせていただきました。

万一購入いただき使用して納得がいかなければ返金のご連絡をください。
土、日曜、祝日を除く営業日から5日以内に振り込み手続をさせていただきます。尚、ダウンロードしたリストの返品は不要です。
返金については、@購入者名、A銀行、B支店名、C預金名(普通、当座)、D口座名義、E口座番号を記載し、お問い合わせEメールアドレス宛にご連絡願います。

特典2試験60%(30点)キーワード攻略法特典2 試験80%(40点)キーワード攻略法特典3  平成19年度、20年度法改正ポイント78項目リスト

今回は過去5回分の問題集を客観的に傾向と分析で検討し、60%攻略項目
と80%攻略項目をお教えいたします。

あなたはリストの項目をつぶすことで客観的しかも確実に合格に近づくことが
実感できます。




毎回試験にはあらたに法改正された問題がかならず出題されます。

法改正されたばかりで詳しい内容は出題しにくい部分ですが
知っているのと知らないのでは合否を大きく左右するかもしれません。

「この部分を直前に確認にしておけばよかった!」といったことがないように、
事前に目を通していただけるものです。

法改正部分をみやすく項目別にリスト化していますので、あなたはチェックをしておけばいいのです。

合格を漏れなく確実なものとするために、今回平成19年度法改正ポイント31項目、平成20年度法改正ポイント47項目を特典としてお付けしています。

FPには 日本FP協会のCFP と 国家資格検定のFP技能士 があります。

どれがいいかは別として、今回は日本FP協会のCFP試験の話となっています。

しかし、FP技能士を受験される方にも、
過去問攻略法としてこのリストについて一見の価値があることは疑いません。



追伸

わたしも現役のCFP受験生であり、
仕事が終わったあとに試験勉強の時間をひねりだし、勉強をつづけている状況です。

平日はスクールにも行く時間もなく、週末は家族サービスでくたくたになり、
それでもなんとか資格をとっていきたいと思っています。

同じような境遇にあるあなた、
それ以上に逆境のなかでがんばっているあなたに
受験をしてきていろいろとわかってきたことをお伝えできればと思います。

試験問題の内容の是非について説明をするつもりはありません。

ただ、試験問題を客観的に状況を把握し、対策が立てることができれば、
時間の短縮ができ、好きなときに、
浮いた時間を理解力アップのために全力投入することができるのです。

そんな目的のために
利用してもらいたいとの思いでこの情報を提供しました。

ですが、購入を迷っているのであれば今すぐ購入していただく必要はありません。

この情報は本気で合格をしたい、真剣にノウハウを使い合格を獲得したい人だけに
購入していただきたいものとなっています。

このリストを手にしたあなたから、
リストを使った感想を聞かせてもらえることを願いながら。


CFPタックスプランニング(平成17年1回分〜平成19年1回分) 3150円(税込み)



CFP相続事業承継設計(平成17年1回分〜平成19年1回分)3150円(税込み)


サプライズネット担当渡邉


| ホーム | 特定商取引に基づく表示 |
Copyright(C)2008 surprisenet.com All right riserved


キーワード・スリーステップ式
FP試験傾向と分析リスト
相続事業承継設計(PDF版)

無料レポート

お名前(姓)
お名前(名)
メールアドレス